足 妊娠線

足にできてしまった妊娠線を消す方法とは?

 

 

足にできてしまった妊娠線の原因は?

 

足に妊娠線ができるメカニズム

妊娠線といえばお腹にできることが多いのですが、お腹以外にも足やお尻や胸などにもできることがあります。

 

出産経験者にアンケートを取ってみると、一番できやすい場所はやはりお腹(特に下腹部)なのですが、次に多いのが足(特に太もも)で次に胸やお尻という順になっています。

 

中には背中にできたという人もいますから、お腹や足以外の場所も要注意です。

 

しかし足などのお腹以外にできるものも、場所は違ってもできるメカニズムは全て同じなのです。この図のように肌が急激に横方向に引っ張られることで、その力に肌が耐えきれずに真皮まで亀裂が入ってしまったものなのです。

 

また妊娠線ができるその他の原因として、急激に太ったりした場合にも同じような線ができることがあります。この様なものを肉割れとかストレッチマークと呼ぶこともありますが、これらは全て同じものと考えても差し支えありません。できるメカニズムは、全て同じですからね。

 

 

足の妊娠線を消す方法は?

 

足にできてしまった妊娠線のケア

前述したように足にできたものも、お腹にできるものと同じメカニズムでなので、妊娠線クリームを使ってケアするのがいいでしょう。このようなクリームには亀裂の入った真皮のケアができるという特徴があるので、他のクリームやオイルより優れているのです。

 

もちろん個人差もありますので、必ず消えるという保証はありません。しかし実際にクリームを使用した人の口コミをみれば、妊娠線が薄くなってきたなどの書き込みがたくさんあります。

 

特に足の付け根やお尻などは、普段自分ではなかなか気が付かない部分です。お風呂に入った時などに、鏡を使って体の後ろ側の足やおしりの部分を、入念にチェックした方がいいでしょう。

 

 

妊娠線クリームについて詳しく知りたい方はコチラから