妊娠 お腹 かゆみ

妊娠中のお腹のかゆみから解放される方法とは?

 

妊娠中にお腹のかゆみに、悩まされる妊婦さんが意外と多いようです。果たして妊娠線ができる、前兆なのでしょうか? そのお腹のかゆみから、解放される方法をリサーチしました。

 

かゆみの原因はホルモンバランスと肌が引っ張られることによる刺激です!

妊娠中のお腹のかゆみには、主に2つの原因があります。1つ目がホルモンのバランスによるもので、2つ目がお腹が大きくなることにより肌が引っ張られることによる刺激です。

 

妊娠するとエストロゲンというホルモンが増加して、ホルモンバランスが崩れるため肝機能が低下します。そうすると肝臓で処理しきれない胆汁が、肌の組織にも溜まっていくので、これがかゆみの原因になっていきます。

 

引っ張られて亀裂ができた肌

そしてお腹が大きくなるにつれて、肌が常に横方向に引っ張られる状態が続きます。これにより皮膚の組織が常に刺激を受けている状態になり、それがかゆみとなって現れるのです。

 

この状態がさらに進行して、肌の組織が引っ張られる力に耐えられなくなった時、真皮にまで亀裂が到達してしまいます。それが妊娠線となって、産後もなかなか消えない跡となって残ります。

 

 

かゆみを抑えるにはどうしたらいいのか?

妊娠中のお腹のかゆみを抑えるには、まずは専門医に診てもらうのが先決です。しかしそこで、ステロイドなどを処方されることもあるようです。

 

「お腹に赤ちゃんがいるのに、ステロイドを使っても大丈夫なの?」と不安になられる方もいますが、用法を守れば大丈夫というのが、処方する側の考えのようです。

 

私は専門医ではないので、ステロイドが良いか悪いかの判断は出来ません。しかし私個人のことを言えば、お腹に赤ちゃんがいるときには、ステロイドに限らずなるべく薬は使いたくないというのが本音です。

 

薬に頼らずにかゆみのケアをするならば、妊娠線クリームがいいのではないかと思います。お腹のかゆみのケアには、十分に保湿をして肌を柔軟に保つことが大切です。これが妊娠線クリームであれば、普通の保湿クリームではケアできない真皮のケアまで行えるのです。

 

また口コミの中にも、妊娠線クリームを使うようになってかゆみが治まったという書き込みがありました。傷跡が残って後悔するまえに、お試しされてみてはいかがでしょうか。

 

人気の妊娠線クリームはコチラ!