妊娠線 いつからできる

妊娠線はいつからできる?出産経験者にアンケート調査しました!

 

妊娠線はいつからできるかを、出産経験者を対象にアンケート調査しました。妊娠線を予防するのには、これは欠かせない知識です。妊活中の方は、是非ご一読ください!

 

後期(8〜10か月)に妊娠線ができた人が約80%です!

妊娠線がいつからできたかの調査結果

妊娠線はいつからできるか、実際の出産経験者にアンケートを取った結果が、右のグラフです。

 

このアンケート調査結果によれば妊娠線ができるのは、初期(0〜4か月)が約2%、中期(5〜7か月)が約18%、後期(8〜10か月)が約80%となっています。

 

出産経験者のほとんどの方は、妊娠後期に妊娠線ができているんですね。

 

お腹の大きくなり方も、個人差があります。

 

妊娠後期になると赤ちゃんもかなり大きくなり、だいたい体重も1500グラム前後に成長します。

 

妊婦さんの体の変化については、下記の関連記事にまとめていますので、そちらも併せてお読みいただければ、より一層理解が深まります。

 

関連記事 ⇒ 妊婦の体の変化の仕方

 

 

妊娠線を予防する最適な時期はいつなのか?

妊娠線のケア

上記の妊娠線はいつからできるかのアンケート結果を踏まえて、いつから妊娠線の予防すればいいのかを考えてみましょう。

 

妊娠後期(8〜10か月)になると、約80%もの女性に妊娠線ができています。

 

どんなに遅くても妊娠8か月前には、妊娠線の予防を始めなければいけませんね。

 

 

しかし見逃してはいけないのが、少ないながらも妊娠初期(0〜4か月)で約2%、妊娠中期(5〜7か月)で約18%の人がいることです。

 

これが何を意味しているのかといえば、体質により妊娠線が、できやすい人とできにくい人がいるということです。

 

関連記事 ⇒ 妊娠線ができやすい人はこんな人!あなたは大丈夫ですか?

 

妊娠線はお腹が大きくなる時に、肌が急激に引っ張られて真皮にできる亀裂です。

 

ですから体の大きさや肌の強さなど、様々な要因によってできやすい人とできにくい人がいます。

 

以上のことを踏まえると、お腹が大きくなり始めたらなるべく早く妊娠線の予防を始めるのが最適です。

 

妊娠線は跡が残りやすいので、できてしまってからケアするよりも、できる前から予防するほうが効果的です!

 

 

妊娠線の予防方法は、妊娠線クリーム(ストレッチマーククリームを使います。

 

お腹が大きくなる前に、肌の保湿や柔軟性を心がけ、肌が引っ張られても亀裂が入りにくくしてあげます。

 

>>妊娠線クリームオススメランキング!<<