妊娠線クリーム 胎児 影響

妊娠線クリームの胎児への 影響は大丈夫なのか?

 

妊娠線クリームを使うにあたって、胎児への 影響は大丈夫なのかというのが、気になる方が多いのではないでしょうか。大切なお腹の中の胎児のために、どんな妊娠線クリームを選べばいいのかを考えましょう。

 

基本的には大丈夫ですが・・・

悩む妊婦

妊娠線クリームの胎児への影響については、基本的には大丈夫なはずです。今のところ胎児に影響が出たなどの事例がないことと、影響があるのであればそもそも何らかの規制がかかるはずだからです。

 

しかしこの説明で納得する人であれば、わざわざこのサイトを見てはいないですよね。恐らく皆さんは、「表向きは大丈夫なことになっているけど、本当に大丈夫なの?」という部分が気になっているのだと思います。ここからは、その辺をもう少し詳しく考察していきましょう。

 

 

 

肌から吸収される危険性はほとんどありません

妊娠線クリームの成分が肌から、吸収されて胎児に影響が出るのではないかと、心配されている方も多いと思います。しかしこれについては、ほとんど心配はいりません。

 

妊娠線クリームが胎児に影響を与えるとすれば、肌の奥深くまで浸透して血管から血液中に吸収され、その血液が循環して胎児の体へと運ばれなければなりません。

 

通常の化粧品なども同じですが、妊娠線クリームの成分が肌から吸収される危険性はほとんどないと考えていいでしょう。

 

 

他の経路から体内に入る危険性はあります!

口に手を当てる女性

妊娠線クリームが肌から直接吸収される危険性は少ないにしても、他の経路から体内に入る可能性はあります。その経路というのが、手についたものが口などから入る経路です。

 

少し前に話題になっていましたが、風邪やインフルエンザのウィルスの感染経路で一番多いのが、手に付いたものが鼻や口から体内に侵入するという経路なのです。それくらい我々は、手に付いたものが体内に侵入する危険性は高いのです。しかしこれは化粧品や整髪剤など、体に付けるもの全てに言えることです。

 

これにつてはきちんと手洗いをしていれば問題ありませんが、人間は無意識のうちに体のいろいろな部位を触ってしまうものです。ですから妊娠線クリームを塗った部分を、無意識に触ってしまうということはあるでしょう。

 

 

どんな妊娠線クリームを選べばいいのか?

あまり神経質になるのも良くありませんが、しかしより安全性を求めるのであれば、無添加で胎児に影響を与えるような成分の入っていない安全性の高い妊娠線クリームを選ぶのがいいでしょう。万が一体に入っても、安心できるものという意味です。

 

当サイトでは安全性の高い妊娠線クリームを厳選して、独自にランク付けしていますので、そちらも併せてご覧になってください。

 

安全性の高い無添加オーガニック妊娠線クリームについて