妊娠線予防 ベビーオイル

妊娠線予防はベビーオイルで本当に大丈夫なの?

 

妊娠線予防ベビーオイルでOKという話を、聞いたことがある人は多いでしょう。しかし中にはベビーオイルやその他の保湿クリームで、妊娠線予防に失敗したという人もいるようです。妊娠線は一度出来るとなかなか消えないものですから、後悔しないように正しい知識を身につけましょう。

 

ベビーオイルで妊娠線予防に成功したという人もたくさんいますが・・・

妊娠線で悩む女性

出産経験者の女性に聞いてみると、ベビーオイルで妊娠線の予防に成功したという人は、たくさんいます。ベビーオイルの魅力は、何と言っても値段が安いことです。それに赤ちゃんに使えるものだから、安全だろうという安心感があります。

 

妊娠線専用のクリームは値段が高いものが多いですから、ベビーオイルで妊娠線の予防ができるのならば、それに越したことはありません。しかし中には、ベビーオイルやその他の保湿クリームなどで代用して予防に失敗した、という方もいます。そんな方たちの、体験談をご紹介します。

 

 

 

妊娠線予防にベビーオイルで失敗した女性の体験談

安いベビーオイルを使っていましたが、お腹の下のあたりに妊娠線が出来てしまい後悔しましたね。出産前は膨らんだお腹の陰になって、自分では見えないんですよ。出産した後に気がついて、大きなショックを受けました。

 

最初は妊娠線専用のクリームを使っていましたが、途中でなくなってしまたのでそれからは、普通の化粧水とクリームを使って保湿をしていました。しかし臨月に入ってから、妊娠線がたくさん出来てしまい後悔しています。

 

妊娠線ができるかできないかは人によってかなり差があるので、ベビーオイルやその他の保湿クリームで、妊娠線予防に成功する人と失敗する人が出てきます。例えば何も予防をしなかったのに、妊娠線が全然できなかったという女性もたくさんいます。

 

結論を言えば妊娠線予防は、ベビーオイルで大丈夫な人もいれば、ダメな人もいるということです。

 

芸能人のブログなどで、「ベビーオイルで妊娠線の予防が出来ました!」なんて記事を読んで、自分もベビーオイルで大丈夫だなんて、安易に考えないほうがいいでしょう。

 

関連記事 ⇒ 妊娠線ができやすい人はこんな人!あなたは大丈夫ですか?

 

 

 

ベビーオイルと妊娠線クリームは何が違うのか?

 

妊娠線と正常な肌の断面図

まず右の図に妊娠線ができた肌と、正常な肌を比較した断面図を示します。この図にあるように妊娠線というのは、肌が急激に引っ張られることによって、真皮にまで亀裂が入ってしまっている状態だということを、覚えておいてください。

 

一般的なベビーオイルや保湿クリームは、そのほとんどは表皮の角質層までしか浸透しません。それにほとんどのベビーオイルは肌の表面に皮膜を作って、中に水分を閉じ込めるという形で保湿をしています。これでは、肝心の真皮までは十分なケアができないことになります。保湿さえしていれば、大丈夫と考えている人も多いのですが、それだけでは不十分といえます。

 

関連記事 ⇒ ベビーオイルの保湿の仕組み

 

妊婦

 

これに対して妊娠線クリームは、真皮までケアできるのが特徴です。しかしその分、値段が高くなるというデメリットがあるのも確かです。赤ちゃんが生まれればいろいろとお金もかかりますし、節約をしなければいけないという気持ちもあるでしょう。しかしもしも妊娠線が消えずに、一生後悔することになったらどうでしょうか? 自分自身のためにそれくらいの投資をするのは、決して悪いことでありませんよね。

 

妊娠線クリームの詳細はコチラ