ステロイド 副作用

ステロイドの副作用についてまとめました!

 

ステロイドの副作用について、簡単にまとめています。ステロイドに限らず全ての薬には、副作用があるものです。使用方法を逸脱すれば、副作用の危険性があるということを、しっかり抑えておきましょう。

 

ステロイドはこんなクスリです!

ステロイドと薬剤師

ステロイドというのは、副腎皮質ホルモンの一種です。もともと副腎皮質ホルモンというのは人間の体の中でも、副腎皮質から生成されるものです。

 

ステロイド剤の効果には、細胞の炎症を抑える作用があります。その他にも抗アレルギー作用、免疫抑制作用があり効果の高いクスリであるため、アトピーや喘息の治療など幅広く使用される傾向があります。

 

しかし一般的には、効果の高いクスリほど副作用のリスクも高いという傾向があります。ステロイドを使用するときは、必ず用法用量を守ることが大事です。

 

正しい使い方さえしていれば、必要以上に怖がることはありません。しかしどんな副作用があるのかは、知識として知っておくほうがいいでしょう。

 

 

ステロイドの副作用とは?

 

免疫力が低下します

ステロイドの副作用として、免疫力が低下することがあります。これは長期間使用した場合に起きることがあり、それにより感染症にかかりやすくなります。

 

肌が薄くなる

ステロイドを長期間肌に塗っていると、だんだんと肌が薄くなっていきます。肌は薄くなると、小じわができやすくなります。美容目的でステロイドを使うのは、とても危険なのでヤメましょう。

 

赤みが出ます

肌に赤みが出るのは、毛細血管が拡張するせいです。特に顔などの皮膚が薄い場所は、このような症状が出やすいです。

 

使用するのをやめられなくなる

ステロイドを長期間使用した場合、急に使うのをやめると症状が急に悪化します。結果としてステロイドの使用を、やめられなくなってしまいます。特にアトピーの人でこのような症状で、悩んでいる人が多いようです。ステロイドは始めるのは簡単だけどやめるのが難しい、なんて言われているのはこのためです。

 

効果が低下する

ステロイドを長期間使用していると、だんだんと効果が低下していきます。こういった現象は、他の薬でも起こる現象です。結果としてさらに強い薬を、使わなければならなくなったりします。

 

視力の低下

ステロイドの使用で、眼圧の上昇や白内障・緑内障など、視力の低下につながる副作用があります。目の周辺へのステロイド使用は、注意しないといけません。